ヒアルロン酸注射を続けないと膝の痛みは悪化しますか?

数年前から膝の痛みが強くなり、現在は定期的にヒアルロン酸注射を打っています。最初は痛みが和らいだのですが、最近は注射をしても痛みが治まりません。ヒアルロン酸注射はいつまで続けるべきなのでしょうか?

ヒアルロン酸注射で効果がない場合、打ち続けることはおすすめできません。

■ヒアルロン酸注射について

ヒアルロン酸はもともと関節内を満たし、膝の衝撃を和らげるクッションの役割をしている関節液に含まれる成分です。変形性膝関節症になると膝に炎症がおき、関節液内にあるご自身のヒアルロン酸の分解がすすみ、濃度が下がることでクッションとしての効果が弱まってしまいます。それを外部から注射して補うのがヒアルロン酸注射です。例えるならば膝に油をさしている状態であり、潤滑剤としての役割があります。

■ヒアルロン酸注射は効果がなくても打ち続けるべき?

ヒアルロン酸の効果は短期的であり、変形性膝関節症が進行すると効果がなくなってきます。効果がない場合、打ち続けることはおすすめできません。頻回に注射を打ち続けると、感染や神経損傷のリスクを高めてしまうためです。また、整形外科への定期的な通院、診察までの待ち時間なども考えると、患者様の多くの時間を費やすことになりかねません。そのため、ヒアルロン酸注射の効果が持続しなくなってきたという実感のある方は、他の有効な治療法を検討することをおすすめします。
有効な治療法としては、当院で提供しているPRP治療とASC治療が選択肢として挙げられます。施術はヒアルロン酸と同様、膝への注射のみで(事前に採血や脂肪採取の必要があります)、入院や頻繁な通院の必要はありません。体への負担が少なく、ヒアルロン酸が効かなくなった方でも膝の痛みへの効果が期待できる治療です。また、当院は完全予約制のため、ほとんど待ち時間なく診察を受けていただけます。

■PRP治療とは

PRP治療は、採血した血液から血小板を多く含む液体成分だけを抽出し、膝に投与する治療法です。血小板に含まれる組織の修復を促す物質が自然治癒力を高め、慢性化した膝の痛みをやわらげます。当院では、PRPから組織の修復を促す成長因子のみを抽出、濃縮したPRP-FDを採用しています。PRP-FDはヒアルロン酸よりも長い効果の持続が期待され、ヒアルロン酸が効かなくなった進行期の膝の痛みにも効果的です。治療は膝への注射のみなので、体への負担も少なく済みます。

■ASC治療とは

ASC治療は、脂肪幹細胞を使用する治療法です。幹細胞とは、筋細胞や軟骨細胞など、さまざまな細胞に分化(変化)する能力を持った細胞です。脂肪組織から幹細胞を抽出し、膝関節内に投与することで、抗炎症作用や疼痛抑制効果、ダメージを負った組織の修復が期待できます。当院では、より多くの幹細胞を膝関節に投与できる、培養幹細胞治療を採用しています。

ヒアルロン酸注射の効果が実感できなくなったという方は、ぜひ一度ご検討ください。

PRP-FD注射・培養幹細胞治療についての詳細はこちら
PRP-FD治療
▷培養幹細胞治療
培養幹細胞治療

情報提供医師

武藤 真隆 医師(名古屋ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定 専門医/身体障碍者福祉法指定医(肢体不自由)/難病指定医

武藤医師の詳しいプロフィール

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)