情報提供医師

武藤 真隆 医師(名古屋ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定 専門医/身体障碍者福祉法指定医(肢体不自由)/難病指定医

武藤医師の詳しいプロフィール

骨切り術のメリットとデメリットを教えてください。

自身の膝が残せるというのを見て、膝の骨切り術を検討しています。人工膝関節置換術よりも体への負担は少ないのでしょうか?また、骨切り術のメリットとデメリットもそれぞれ教えていただきたいです。

骨切り術は人工膝関節置換術と同様、体にメスを入れますので、手術による体への負担やリハビリ期間は同程度です。

■骨切り術と人工膝関節置換術の違い

骨切り術と人工膝関節置換術の大きな違いは、ご質問者様も仰っているように、自身の関節が温存できるか、できないかです。
人工膝関節置換術は、膝関節を金属などでできた人工の関節に置き換える手術です。そのため、リハビリ後も人工関節の金属の摩耗やゆるみを防ぐために、膝に負担をかける動作を避けた生活を送る必要があります。
対する骨切り術は、膝関節を残して変形した膝の骨の一部を切り、膝関節の角度を矯正する手術です。骨がくっついた(骨癒合)後は活動制限がないという点も、人工膝関節置換術とは大きく異なる点です。仕事やスポーツなどで活動性の高い方や年齢が若い方に、骨切り術は特にすすめられます。

■骨切り術のメリット・デメリット

人工膝関節置換術と比較すると、メリットが多いように感じる骨切り術ですが、もちろんデメリットもあります。ここからは骨切り術のメリット・デメリットについて解説していきます。
 

メリット デメリット
・自身の関節を残すことができる・金属が体内に残らない・骨癒合後、活動制限がない ・体への負担がかかる・入院・リハビリ期間が長い・骨癒合まで活動制限がある

■骨切り術のメリット

・自身の関節を残すことができる。
骨切り術は膝関節を残した状態で骨の一部を切ることで、変形した膝関節の角度を矯正し、痛みを和らげる治療です。骨を切ったあとは、いったん金属の板で骨同士を固定するため、術後は骨折と同じような状態になります。その後、骨がくっついた後に再手術を行い、金属の板を取り除きます。ただ、骨を切ってからくっつけるため、骨癒合(自身の骨がくっつく)までには2年程度かかる場合もあります。
 
・金属が体内に残らない
上記でご説明したとおり、骨切りの術後に金属の板を取り除く再手術を行えば、体内に金属は残りません。人工膝関節は膝の骨が金属に完全に置き換わるため、体内に金属が残り、さまざまなリスク(金属への感染など)が生じる可能性があります。
 
・骨癒合後、活動制限がない
骨がくっついた後に、骨の固定に使った金属を取り除けば、活動制限はありません。スポーツや重労働を行うことも可能です。
一方、人工膝関節置換術では、人工膝関節の金属の摩耗を防ぐために活動制限が必要になります。金属の摩耗が進むと、再手術で人工膝関節を入れ替える必要が出てきます。

■骨切り術のデメリット

・体への負担がかかる
メスを入れることになるため、体への負担はかかります。手術のときには、エコノミークラス症候群、感染症などの合併症リスクがあります。
 
・入院やリハビリ期間が長い
術後は入院が必要なため、長期間の休みがとれない方は、骨切り術を行うのが難しくなります。入院期間は2カ月程度はかかると見込んでおいた方が良いでしょう。機能訓練のリハビリ期間は3カ月から6カ月程度の期間を要します。片足がつけない期間もあるため、リハビリに苦労する方は少なくありません。
※リハビリ期間に幅があるのは、その人個人の筋力の程度、体重、手術前の膝の状態、術後の合併症や、リハビリへの意欲、年齢、認知症の程度など、さまざまな要因で期間に個人差があるためです。
 
・骨癒合まで活動制限がある
骨がくっつくまでは、正座など膝への負担がかかる動作や激しい運動、仕事などは控える必要があります。術後に積極的に動きたい方も、活動量を落とさないといけない時期があるということです。
 

■骨切り術は人工膝関節を「遅らせる」手術

骨切り術は、人工膝関節にするのを遅らせるための有効な手段である、と言われています[1]。骨切り術で膝の痛みが完治するわけではありませんが、骨がくっついた後は活動制限がないため、活動的な人にとってはかなり大きなメリットがある手術と言えるでしょう。

■手術なしで膝の痛みを改善する新治療

当院では、骨切り術や人工膝関節置換術を受けることなく、膝の痛みの改善が期待される、再生医療を中心とした治療を提供しております。もし、膝の手術を迷っている、という方がいらっしゃいましたら、一度当院へご相談ください。整形外科専門医が詳細に診察をしたうえで、一人ひとりに合った治療法をご提案いたします。
また、骨切り術後に膝が痛むという場合は、当院が行う再生医療がいい適応になる場合があります。術後、痛みが気になる場合は、はじめてのご来院予約よりお問い合わせの上、ぜひご相談ください。
 

<出典>

[1]Gstöttner Michaela, et al. Long-term outcome after high tibial osteotomy. Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery; Volume 128, Issue 1, pp 111–115. 2008.

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら

お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談・来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)