治療法

名古屋ひざ関節症クリニックは主に、膝の手術や入院のない、再生医療をはじめとする先進的な治療法をご提供しています。グループが2015年に開院して以来、治療実績は8,400例以上となっております。※当グループ調べ(2015年3月〜2020年8月)

  • PRP-FD注射

    手術をしたくない方におすすめの、採血と膝関節への注射だけで完結する治療法です。変形性膝関節症の他、スポーツ外傷や使いすぎによる痛みにも有効です。

  • 培養幹細胞治療

    人工膝関節ではない方法で、痛みのない生活を取り戻したいという方におすすめです。再生医療技術を用いた細胞治療で、膝関節の強い痛みや炎症を抑制します。

  • ヒアルロン酸注射

    変形性膝関節症の痛みを緩和する治療法として一般的な注射治療です。初めて膝痛の治療を受ける方や、膝以外の関節痛にお悩みの方にも検討いただけます。

PRP-FD注射 培養幹細胞治療 ヒアルロン酸注射
適応 変形性膝関節症(初期~進行期)
スポーツ外傷
関節周囲の炎症(腱炎など)
変形性膝関節症(進行期~末期) 変形性膝関節症および、他部位の関節痛(初期)
手術 なし 20mlほどの脂肪採取 なし
入院 なし なし なし
持続性 ★★★ ★★★★★
治療時期 採血から約3週間後 脂肪採取から約6週間後 初診当日に可能
費用 片膝:¥180,000~ 片膝:¥1,280,000 1本:¥5,000~

初診・診断メニュー

治療法については、患者さまにも事前に深くご理解とご納得いただくことが大切です。そのため名古屋ひざ関節症クリニックでは、丁寧な診察やカウンセリング、精密検査を用いた診断を基にしたインフォームドコンセントを重視しています。

無料のご相談

住まいが遠方なので何度も相談に来院できない、足を運ぶ前にどんな治療か知りたい、費用の目安が知りたい、家族の膝痛について相談したい。そういった方には、メールでご相談いただける窓口も設けております。

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)